◇ドリンク代別途表記(+ 1drink)のイベントに関しまして受付にて600円を頂戴致します。
◇終了時間は予定時間となってますご了承下さい。
*人数が多数の場合は入店をお断りする事もございます。
・月表示すると月全体としてみやすいです。

御予約は前売り料金のあるもの、詳細ページに「予約する-reservation-」のアイコンのある日に限ります(予約ページ)

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

11/30 (mon) FOuR DANCERS vol.185~dance performance night~

11/30・19:0022:30



前田英一

伴戸千雅子 
Asami
小倉笑(音楽:岡本遼)
◇ OPEN 19:00 / START 19:30
◇ adv.2200 yen + 1drink / door.2500 yen + 1drink
◇ dancer. 1600yen + 1drink


前田英一
1997年より身体表現を始め、パフォーミングアートグループ:ダムタイプの作品「OR」「memorandum」「voyage」に出演。 メディアアーティスト:高谷史郎「明るい部屋La Chambre Claire」に出演。 光のアーティスト:高橋匡太 作品「いつかみる夢~京都美術ビエンナーレ特別企画展」(京都府京都文化博物館)、「スマート.イルミネーション横浜2015」「Red Room#1~4」(ヨコハマ創造都市センター)などに出演、映像参加している。
2018年、自身が演出のダンスパフォーマンス「Every Day Is a New Beginning」(アバンギルド、大阪・ブラックチャンバー、ロームシアターノースホール)を公演する。

 


伴戸千雅子(ばんどちかこ)
ダンサー/振付家。舞踏グループ「花嵐」で活動の後、ソロに。女性の子育て、介護をテーマにした「おしもはん」、落語を題材にした「おどる落語」シリーズなど、日常生活の中でカラダに浮かぶアレコレをスケッチするように作品を作る。
最近は長年続けてきた障害のある人とのワークショップ体験の言語化に取り組んでいる。https://note.com/bandochi

 


Asami

京都市立芸術大学大学院卒業後、2011年よりダンサー、エアリアルパフォー マーとして活動を始める。2015年に渡英、2017年までの2年間、サーカス学校Circomedia学位コースにてエアリアルを含むフィジカルシアターパフォーマンスを学ぶ。帰国後は現代サーカスを広めるため京都を拠点に活動。関西エアリアル代表。2018年に産業ロープアクセス国際資格IRATA level.1取得。


小倉笑(Emi Ogura)
11歳の時に声楽を学び、14歳の時にコンテンポラリーダンスと出会う。2012年から、ダンスカンパニーMonochrome Circusに『レミング』より参加。後、大植慎太郎『点とドットの主義主張』(2015年)、南野詩恵『病気』(2016)、康本雅子『子ら子ら』(2017・2018)『全自動煩脳ずいずい図』(2020)、作・寺山修司/演出・たみお/共演・mama!milk『はだしの恋唄』(2019)などに出演。2016年から衣装作家の南野詩恵と立ち上げたプロジェクト「皿の歌」で舞台作品・ボロレスコ『蝶々々夫人』(2017)、『サロ人』(2018)などを発表。2019年以降は『核に住む男』や『マーラーショー』『優しい男』など自身の演劇・ダンス作品を発表。ヨーロッパ、南米などで開催されるアートフェスティバルなどに招聘され、国内外で活動している。

 

詳細

日付:
11/30
時間:
19:00 〜22:30

UrBANGUILDは、イベント終了後、25:00までノーチャージのBAR営業をしています。
◇忘れ物をする方が増えています、忘れ物の保管は6ヶ月になりますのでご了承
下さい注)イベントの終了時間はイベントごとで違います。

2020/05 から前のEVENTはこちら
2016/04
から前のEVENTはこちら