◇ドリンク代別途表記(+ 1drink)のイベントに関しまして受付にて600円を頂戴致します。
◇終了時間は予定時間となってますご了承下さい。
*人数が多数の場合は入店をお断りする事もございます。
・月表示すると月全体としてみやすいです。

御予約は前売り料金のあるもの、詳細ページに「予約する-reservation-」のアイコンのある日に限ります(予約ページ)

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

12/13 (sun) 3CASTS vol.23

12/13・18:3022:30

うさぎの喘ギ
草壁カゲロヲとにしもとひろこ
出村弘美と穐月萌

照明:今村達紀

※情報公開当初出演予定でした月亭太遊さんは、出演をご辞退されました。
代わりに、「草壁カゲロヲとにしもとひろこ」が出演します。
出演者変更に伴うご予約の変更等は info@urbanguild.net までご連絡ください。

3人/組の俳優が登場、それぞれパフォーマンスを披露します。
“Cast”には、配役することだけではなく、さまざまな意味があります。
たとえば、投げること、脱ぎ捨てること、影を落とすこと、票を入れること、まなざしを向けること、魔法をかけること……そして、さいころの一振り。

さて、どんな目が出るか。ぜひ目撃を。

◇ OPEN 18:30 / START 19:30
◇ adv.1800 yen + 1drink  door. 2200 yen + 1drink
◇ actor or actress. 1400 yen + 1drink

※新型コロナウィルス感染対策のため、定員30名といたします。お早めのご予約をおすすめいたします。
※開演の20分前(状況により前倒しになる可能性あり)にはフードのオーダーをいったんストップさせていただきますので、
開演前にお食事をご注文されるお客さまはお早めのご来場をおすすめいたします。
3組の上演後にはフードオーダーを再開いたしますので、終演後のお食事もぜひお楽しみください。
※来場時のマスク着用、手指消毒、受付での検温等、ご協力をお願いいたします。


『brush your FANG』

 
うさぎの喘ギ

2017年旗揚げ。
2018年にウイングカップ8にて『うさり』を上演、作品のテーマと演出の方法論・身体論との合致が評価され、優秀賞を受賞。
近年は「現代人の実感の喪失」をテーマに創作を行う。
劇場だけでなくフリースペース等での公演も行い、新たな演劇のあり方について模索する。
2020年5月、コロナ禍での演劇のあり方として『Hand and Stuffed』を公開し、大阪にいながら東京や他の地域の演出家・批評家に評価される。
8月仮想劇場ウイングフィールドにて、劇場とオンライン両方の観客を想定した作品を創作するなど「SNS世代」の演劇として地位を確立しつつある。
https://www.usaginoaegi.com/

『みぎわ』
草壁カゲロヲとにしもとひろこ

草壁カゲロヲ
俳優。
1991〜2000年「維新派」、1997年〜「ロヲ=タァル=ヴォガ(VOGA)」で活動。
2015年、ねねぷろじぇくと『大切な人』、
2016〜2020年、舞台芸術創造団体ワンダーラーファクトリー『CLOCK 』『OUJI』『ツバメ男とソクラテス』など。
ソロでは、1994年『不可空』1999年『アイノシリトリ』2000年『カゲロヲ節-二十世紀末花仁義-』2009年『彈き鐡』2011年『カゲロヲExhibition』など。
他に、2003年、ロマネスクの犬『マルガリータ』『月』、
2005〜8年大正時代の詩を朗読するバンド「怪紳士Kとアルハベッツ」、

祝い餅つき芸や、映画、ラジオドラマ出演も少々。空気や空間を共に体感する舞台を志す。
怪紳士Kの告白 http://note.lowotarvoga.net

にしもとひろこ
散らばる光と戯れるように、独特な声色でうたを紡ぐ。
アコースティックデュオ「たゆたう」、女性5人バンド「Colloid」、
自然とのセッション「森のはなし」などで活動するほか、ソロでは主に声のみで即興の物語を奏でる。

2014年 劇団sunday『友達』、2016年 423アートプロジェクト『とちのこゑ』、
2017年 瀬戸内サーカスファクトリー主催『サカイデマングローブ』、
2018年 『大阪府障がい者舞台芸術オープンカレッジ2018「うみのうたごえ」』、
BRDG vol.5『Whole』、2020年 BRDG vol.6『ふれる〜ハプロス』などで楽曲提供・劇中音楽を担当。
歌ったり、描いたり、作ったり、多岐にわたるアーティスト活動をめぐりながら独自の世界観を表現する。

http://nishimotohiroko.net

草壁は、3CASTS はvol.13での『現実感をともなう『死にかた』について。或いは現実感の無意味について。』から出演二度目。
にしもとと草壁は、約10年位前から互いの舞台を見聞きし合う仲であるが、今回、二人で「えいっ、やってみよう」となる。

『出村弘美と穐月萌のマジカルミステリーツアー 』


出村弘美と穐月萌
二人は京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科の先輩、後輩の仲である。
在学中は、お互いの存在は知りつつも言葉を交わしたことは無かった。再会は「したため」での共演。
その後、出村が所属していた「中川裕貴、バンド」に穐月も加入。
いまでは二人旅に行く仲である。2019年7月には沖縄を訪れる。首里城が燃える前であった。
2020年10月には奈良へ。今後の活動として、11月に三重、数年後にはお金をためてハワイ旅行を計画中。

 

詳細

日付:
12/13
時間:
18:30 〜22:30

UrBANGUILDは、イベント終了後、25:00までノーチャージのBAR営業をしています。
◇忘れ物をする方が増えています、忘れ物の保管は6ヶ月になりますのでご了承
下さい注)イベントの終了時間はイベントごとで違います。

2020/05 から前のEVENTはこちら
2016/04
から前のEVENTはこちら