◇ドリンク代別途表記(+ 1drink)のイベントに関しまして受付にて600円を頂戴致します。
◇終了時間は予定時間となってますご了承下さい。
*人数が多数の場合は入店をお断りする事もございます。
・月表示すると月全体としてみやすいです。

御予約は前売り料金のあるもの、詳細ページに「予約する-reservation-」のアイコンのある日に限ります(予約ページ)

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

12/7 (mon)「2021:a dance odyssey / 2021年ダンスの旅」

12/07・18:3021:30

◆京都の暑い夏U25映像作品上映会+ライブパフォーマンス
「2021:a dance odyssey / 2021年ダンスの旅」

■キャスト:上田愛華、黒田健太、仙波晃典、畑中良太、林南々帆、森本圭治

■ディレクター:小倉笑
■映像撮影:奥田ケン

主催:小倉笑
共催:一般社団法人ダンスアンドエンヴァイロメント
協力:京都芸術センター
*京都府文化活動継続支援補助事業*

■本作品のダイジェスト動画↓
https://youtu.be/iUW7OP42cGQ

■申込み
・下記URLよりお申し込み下さい。
http://urx.red/XHYy

◇ OPEN 18:30 / START 19:00
◇ adv.2000 yen + 1drink / door.2500 yen + 1drink

私たちは、どうして踊るのか?
25歳以下のダンサー6人による、答えのない旅。

話を聞く中でみんなに共通している事があった。それは、”何か”に触発されてダンスをしていて、その”何か”を言葉で言い表すのは難しいという事だ。しまいにはいつも「理由は分からんけど、大事なんよ」といった具合になる。ある人は「その”何か”を表現したい」から踊る。またある人は「その”何か”は言葉で説明すると、途端に消えて無くなったり、嘘の様になる」と言った。その感覚はとても重要で神秘的で、実は私自身の中にもあって、強く共感することができた。みんな、それぞれの”何か”を探し続ける旅をしていて、だからこそ踊るし、歌うし、作品を作ったりするのではないかと思った。今回の作品では、進化するために重要な”何か”の謎を解き明かす旅をする。ダンサー1人1人は宇宙船/乗組員/生命体だ。その宇宙船達は、京都芸術センターという惑星の衛星軌道に転がり込み、分からない事を分からないというままに突き進んでいく。その先にはまだ誰も見た事のない世界があるのではないかという好奇心と探究心が、時間と空間と思考の概念を超越していく。
小倉笑

・上映後、アフタートークを予定しています。

詳細

日付:
12/07
時間:
18:30 〜21:30

UrBANGUILDは、イベント終了後、25:00までノーチャージのBAR営業をしています。
◇忘れ物をする方が増えています、忘れ物の保管は6ヶ月になりますのでご了承
下さい注)イベントの終了時間はイベントごとで違います。

2020/05 から前のEVENTはこちら
2016/04
から前のEVENTはこちら