◇ドリンク代別途表記(+ 1drink)のイベントに関しまして受付にて600円を頂戴致します。
◇終了時間は予定時間となってますご了承下さい。
*人数が多数の場合は入店をお断りする事もございます。
・月表示すると月全体としてみやすいです。

御予約は前売り料金のあるもの、詳細ページに「予約する-reservation-」のアイコンのある日に限ります(予約ページ)

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

3/14 (sun) FOuR DANCERS vol.191~dance performance night~

03/14・17:0020:30

大歳芽里
和田浩
古川友紀
仙波晃典

*京都府からの営業時間短縮要請協力の為
20時半ラストオーダー(酒類は20時迄)、21時閉店とさせていただきます

◇ OPEN 17:00 / START 17:30
◇ adv.2200 yen + 1drink / door.2500 yen + 1drink
◇ dancer. 1600yen + 1drink
photo:白井孝明
大歳芽里
昭和音楽芸術学院バレエ科卒業。音楽家、劇団、ヴィジュアルアーティスト等と共演を重ねる。仏のアンジェ国立現代舞踊センター、振付コース修了。ヴィンセント・マンソー、エマニュエル・ユイン、カミーユ・ボワテル、ダニエル・ベルトン等の作品に参加。さまざまな障害をもった人や子ども対象のレギュラークラスのほか、ワークショップ講師も務める。他の分野におけるダンスの可能性を探り、身近なところにダンスを広げる活動を進めている。

写真:三村博史
和田浩
2005年、屋久島で舞踏と出会い、踊り始める。その後、今貂子、由良部正美より舞踏を学ぶ。近年は、舞踏家以外のダンサーとのコラボレーションも多い。また、2013年より弁護士。日弁連行政問題対応センターの委員であり、行政事件に多く携わっている

 


古川友紀
ダンサー・散歩家。 レジーヌ・ショピノ、佐久間新など様々な舞踊家の作品に出演するとともに、自作の発表も行う。また、歩くこと、土地の記憶、身体感覚などから成るゆるやかな野外上演「おもいしワークショップ」の企画や、歩行という行為を多層的に記録する「歩 録」の制作とその展示もしている。知らない場所を散歩するような感覚で踊っていたいと思う。 https://yukifurukawa.com 


仙波 晃典
1996年生まれ、兵庫県出身。過去にルイスガレー、田村興一郎の振付作品に出演。2018年より物/自然物/身体の関係性に着眼した踊りを度々発表している。2020年より場踊りを始める。自身の左足首は生涯固定されている。

詳細

日付:
03/14
時間:
17:00 〜20:30

UrBANGUILDは、イベント終了後、25:00までノーチャージのBAR営業をしています。
◇忘れ物をする方が増えています、忘れ物の保管は6ヶ月になりますのでご了承
下さい注)イベントの終了時間はイベントごとで違います。

2020/05 から前のEVENTはこちら
2016/04
から前のEVENTはこちら