◇ドリンク代別途表記(+ 1drink)のイベントに関しまして受付にて600円を頂戴致します。
◇終了時間は予定時間となってますご了承下さい。
*人数が多数の場合は入店をお断りする事もございます。
・月表示すると月全体としてみやすいです。

御予約は前売り料金のあるもの、詳細ページに「予約する-reservation-」のアイコンのある日に限ります(予約ページ)

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

3/31 (wed) FOuR DANCERS vol.193

03/31・19:0022:30

黒子 沙菜恵
池端美紀+伴戸千雅子+マダムT with スパン子 (piano)
遠藤リョウノスケ
小倉笑

照明:竹ち代毬也

◇ OPEN 19:00 / START 19:30
◇ adv.2200 yen + 1drink / door.2500 yen + 1drink
◇ dancer. 1600yen + 1drink 

photo by 高津吉則
黒子 沙菜恵 (Sanae KUROKO)
踊る人。介助者。時々ダンスナビゲーター。京都在住。 N.Y.にダンス留学をしたり、踊り始めて早30年!!近年はソロ活動をベースに、他ジャンルの作家と共に舞台作品や即興の場を生み出している。 Dance&Peopleや子ども達や滋賀のやまびこのみんなや…それぞれのダンスワークショップも私をダンスに繋ぎ止めてくれている。 多くの出会いの中、変わる環境、変わる身体、変われない自分。ただこのようにしか居られない存在を感じながら、「生きながらのダンス」を探している。 


池端美紀+伴戸千雅子+マダムT withスパン子(piano)
2017年にスタートした「おどる落語」。日常的感覚をひょいと飛び越えて、さもありなんと笑わせる落語を題材に、パフォーマンスを創作。ダンサー、語り手、美術家、音楽家がお互いの領域を少しずつまたぎ越えながら、お噺の不思議をほどこうとする。本公演は、毎年春に滋賀県瀬田の東光寺の本堂で上演していたが、昨年からの状況により、映像作品を作ったり、場所を変えて短編作品を発表している。 https://kqxom91968.wixsite.com/odorurakugo
遠藤リョウノスケ
大阪在住。京都市立芸術大学にて環境デザインを専攻し、その後インテリアデザイナーとして2年間勤務。同時期、京都にてコンテンポラリーダンサーの矢﨑悠悟氏の元でダンスを始める。2018年からは山本和馬主宰によるダンスカンパニー・ヲミトルカイに参加。ダンサーとしてだけではなく、デザイナーとしてのスキルを活かし、ビジュアルアートの分野においても活動に携わっている。自身の振付作品として、映像メディアを用いながら、知覚を揺るがし、心理的、社会的バイアスに隠された身体が持つ思考を暴いた『cony』(2016) 『pure( )』(2018)などがある


小倉笑(Emi Ogura)
11歳の時に声楽を学び、14歳の時にコンテンポラリーダンスと出会う。2012年から、ダンスカンパニーMonochrome Circusに『レミング』より参加。後、大植慎太郎『点とドットの主義主張』(2015年)、南野詩恵『病気』(2016)、康本雅子『子ら子ら』(2017・2018)『全自動煩脳ずいずい図』(2020)、作・寺山修司/演出・たみお/共演・mama!milk『はだしの恋唄』(2019)などに出演。2016年から衣装作家の南野詩恵と立ち上げたプロジェクト「皿の歌」で舞台作品・ボロレスコ『蝶々々夫人』(2017)、『サロ人』(2018)などを発表。2019年以降は『核に住む男』や『マーラーショー』『優しい男』など自身の演劇・ダンス作品を発表。ヨーロッパ、南米などで開催されるアートフェスティバルなどに招聘され、国内外で活動している。

 

詳細

日付:
03/31
時間:
19:00 〜22:30

UrBANGUILDは、イベント終了後、25:00までノーチャージのBAR営業をしています。
◇忘れ物をする方が増えています、忘れ物の保管は6ヶ月になりますのでご了承
下さい注)イベントの終了時間はイベントごとで違います。

2020/05 から前のEVENTはこちら
2016/04
から前のEVENTはこちら