Skip to content

◇ドリンク代別途表記(+ 1drink)のイヴェントに関しましては受付にて600円を頂戴致します
◇前売り予約の受付は前日の23時59分までとさせて頂きます
◇終了時間は予定時間となってますので、ご了承下さいませ。
◇忘れ物をする方が増えています、忘れ物の保管は6ヶ月になりますのでご了承下さい。
御予約は前売り料金のあるもの、詳細ページに「予約する-reservation-」のアイコンのある日に限ります。


Loading Events

« All Events

  • This event has passed.

10/26 (wed) Bonnie ‘Prince’ Billy & Bitchin Bajas Japan Tour 2016 ボニー・プリンス・ビリー&ビッチン・バハス ジャパン・ツアー2016

10/26・18:3023:00

bpbbbnew_480

reservation

ボニー・プリンス・ビリー
ビッチン・バハス
風の又サニ

◇ OPEN 18:30 / START 19:30
◇ adv.4500 yen + 1drink / door.5000 yen + 1drink

 

 

企画・制作:スウィート・ドリームス・プレス

協力:株式会社ディスクユニオン、株式会社Pヴァイン、ao to ao

招聘:OURWORKS 合同会社

繧「繝シ繝・ぅ繧ケ繝亥・逵・BitchinBajasBonnyBilly_byJessicaFey_800

今から12年前、2004年に日本にやってきたボニー・プリンス・ビリーはツアーになるとヨレヨレのデニムのオーバーオールを身にまとい、ステージ前には頬にチークを入れてピッチフォーク持ったヒルビリーへと見事な変形を遂げた。部屋着にはとある商店街で購入した遠赤外線のあったか下着で全身ボディコンシャス、その作品量の多さに驚くインタビュアーには「だってそれが俺の仕事だから」と何食わぬ顔、そして、ツアーに関わる誰もが損をすることのないように気を配る心やさしい一面も。

 さて、レディース&ジェントルメン、ケンタッキー州ルイヴィルが生んだ当代きっての変わり者にしてアメリカ随一のシンガー・ソングライター、ウィル・オールダムの再来日がようやく、ようやく決定しました。しかも、今回は特別に新作アルバムのコラボレーター、シカゴの新鋭サイケデリック/アンビエント/スペース・ロック/ドローン/ニューエイジ・トリオとして大きな注目を集めるビッチン・バハスの3人組を従えて、メスメライズで明度の高い、とろけるようなライブ・パフォーマンスを披露する予定です。それぞれのソロ・セットあり、はたまた両者のロングセット一発勝負もあり、5晩5様の双頭ツアーにどうぞご期待ください。

 ボニー・プリンス・ビリーとビッチン・バハス、BPBとBBのビッグでベストなジャパン・ツアーがスタートします!

繧「繝シ繝・ぅ繧ケ繝亥・逵・BonniePrinceBilly_800_byPatrickGlennon
ボニー・プリンス・ビリー(Bonnie ‘Prince’ Billy):1993年にパレス・ブラザーズ名義のシングル「Ohio River Boat Song」(ドラッグ・シティ)でデビューした米ケンタッキー州ルイヴィル出身のシンガー・ソングライター。パレス・ブラザーズ、パレス・ソングス、パレス、パレス・ミュージック、本名のウィル・オールダムと作品ごとに名義を使い分けながら、どこかミステリアスな存在として登場したが、1998年からはボニー・プリンス・ビリーとしてネーミングを(ほぼ)統一、これまでに編集盤/共作盤を含めて30枚以上のアルバムをリリースしている。ビョークの全米ツアーのオープニングに起用され、ジョニー・キャッシュやマリアンヌ・フェイスフルら彼の曲をカバーする者、ボビー・ギレスピー(プライマル・スクリーム)、スチュワート・ブレイスウェイト(モグワイ)など彼に賞賛を送る者は枚挙にいとまがない。今やアメリカを代表するアーティストのひとりである。

 また、十代より俳優としても活動し、ジョン・セイルズの『メイトワン1920』(1987年)等に出演、ケリー・ライヒャルトの『Old Joy』(2006年)では主役を演じ、カニエ・ウエストのビデオ・クリップ「Can’t Tell Me Nothing」にも客演している。

 最新アルバムはシカゴの3人組ビッチン・バハスとの共作盤『Epic Jammers and Fortunate Little Ditties』(ドラッグ・シティ)、2016年10月に12年ぶりの来日ツアーが予定されている。

繧「繝シ繝・ぅ繧ケ繝亥・逵・BitchinBajas_byJeremiahChiu_800
ビッチン・バハス(Bitchin Bajas): 2006年からシカゴで活動を始めたクラウト・ロック/サイケデリック・バンド、ケイヴのギター奏者、クーパー・クレインのソロ・プロジェクトとして2010年にスタートしたアンビエント/スペース・ロック・ユニット。その後、マージャン(Mahjongg)のダン・クイリヴァンと同じくケイヴからロブ・フライが参加してトリオ編成に。2013年のアルバム『Bitchitronics』からドラッグ・シティに移り、ナチュラル・インフォメーション・ソサエティとの『Automaginary』や、映像作家オリヴィア・ワイアットとの『Sailing a Sinking Sea』、ボニー・プリンス・ビリーとの『Epic Jammers and Fortunate Little Ditties』含め、計5枚のアルバムをリリースしている。

Details

Date:
10/26
Time:
18:30 〜23:00

UrBANGUILDは、イベント終了後、25:00までノーチャージのBAR営業をしています。
注)イベントの終了時間はイベントごとで異なります。

・2016年4月末よりEVENTページが新しくなりましました。
→2016年4以前のイベントはこちらから