◇ドリンク代別途表記(+ 1drink)のイベントに関しまして受付にて600円を頂戴致します。
◇終了時間は予定時間となってますご了承下さい。
*人数が多数の場合は入店をお断りする事もございます。
・月表示すると月全体としてみやすいです。

御予約は前売り料金のあるもの、詳細ページに「予約する-reservation-」のアイコンのある日に限ります(予約ページ)

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

6/24 (mon) FOuR DANCERS vol.288~dance performance night~

06/24・19:0022:00

伴戸千雅子
市川まや 
和田浩
Joo Namo

◇ OPEN 19:00 / START 19:30
◇ adv.2300 yen + 1drink / door.2600 yen + 1drink
◇ dancer. 1700yen + 1drink


伴戸千雅子
振付家・ダンサー。学生時代に演劇にはまった後、言葉を口から出すことをやめて踊りの世界に。93年から舞踏を始める。1998-2011年舞踏グループ花嵐で活動後、ソロに。ソロ作品を作ったり、即興をしたり、人と作品を作ったり、人に振付けしたり/されたりする。近年作った作品では、視覚障害のある人との活動から生まれた「見ないダンス」、土方巽の語りを真似る「H氏を探して」が気に入っている。音楽家やダンサー、美術家とのユニット「おどる落語」のメンバーとしても活動。


市川まや
大阪芸術大学修士課程修了後、劇団維新派で役者を経験。地域の幅広い年代のダンサーが在籍するKyoto Dance Exchange(KDE)を2008年より主宰。Nether lands choreography competitionファイナリスト。いろんなかたちのダンスを紹介するオドルタカラバコを運営。 KDE https://kdedance.fc2.page/ オドルタカラバコ https://www.odorutakarabako.com/

写真:三村博史
和田浩
舞踏家。今貂子、由良部正美より舞踏を学ぶ。最近は、舞踏家以外のダンサーとのコラボレーションも多い。また、弁護士として、障がい者や子どもの権利の問題などに積極的に取り組んでいる。


Joo Namo
ダンサー、動作研究者、即興演奏家、音楽家。
解剖学、生理学、発生学などを研究し、身体、環境、自然を拡張体として捉え、表現のさまざまな側面を問い、実現します。 2022年、韓国舞踊批評家研究者協会より最優秀ダンサー賞を受賞。

詳細

日付:
06/24
時間:
19:00 〜22:00

UrBANGUILDは、イベント終了後、25:00までノーチャージのBAR営業をしています。
◇忘れ物をする方が増えています、忘れ物の保管は6ヶ月になりますのでご了承
下さい注)イベントの終了時間はイベントごとで違います。

2020/05 から前のEVENTはこちら
2016/04
から前のEVENTはこちら