◇ドリンク代別途表記(+ 1drink)のイベントに関しまして受付にて600円を頂戴致します。
◇終了時間は予定時間となってますご了承下さい。
*人数が多数の場合は入店をお断りする事もございます。
・月表示すると月全体としてみやすいです。

御予約は前売り料金のあるもの、詳細ページに「予約する-reservation-」のアイコンのある日に限ります(予約ページ)

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

8/11 (sun),12 (mon) まさゆきズ 『まさゆきが上がる 京都で上がる』

08/11・18:0008/12・22:30

全くまさゆきらしい笑いへと導きます。

吉田正幸(テニスコート)と矢野昌幸による新ユニット。

作・演出は関西小劇場界の秘宝

・向坂達矢。

 

[作・演出]向坂達矢

[出演]吉田正幸 矢野昌幸

[イラスト]吉田正幸

[制作・デザイン]沢大洋

[協力]カナリアーズ、スターダストプロモーション、テニスコート、PARA

[お問合せ]080-3136-6575

 

まさゆきズ『まさゆきが上がる 京都で上がる』

2024年2月に神保町PARA(東京)で旗揚げしたまさゆきズ。同施設主催の戯曲講座受講生たちと講師向坂による戯曲を上演し、好評を博した。旗揚げ公演でのいくつかの短編と、新作を京都で上演する。

 

公演日時

2024年

8月11日(日・祝) 19:00~

8月12日(月・祝) 14:00~ 20:00〜

*開場は開演の1時間前


チケット

前売 3000円 +1drink

当日 3500円 +1drink

※U25はどちらも500円引き

 

 

・吉田正幸

武蔵野美術大学卒。コントグループ「テニスコート」メンバー。主な出演に「いとうせいこうフェス」(東京体育館)、「光る君へ」「藤子・F・不二雄 SF短編ドラマ 定年退食」(NHK)、「シャキーン!」(Eテレ)など。美術家の外島貴幸とのユニット「O,1、2人」としても活動し、コント公演に「リターン・トゥ・ザ・ 0.1,2畳半」(Talion gallery)、また「Whenever Wherever Festival 2021」への参加などを行なっている。

 

・矢野昌幸

カナリアーズ主宰。1989年生まれ。神奈川県川崎市出身。法政大学社会学部メディア社会学科卒業。山縣太一氏に師事。まさゆきズのメンバー。役者として小劇場を中心に活動。主な出演作は、劇壇ガルバ『砂の国の遠い声』作:宮沢章夫 演出:笠木泉、オフィスマウンテン『ホールドミーおよしお』作演出:山縣太一、『no plan in duty』原作『非劇』構成演出:篠田千明作:齋藤恵汰補綴:岸井大輔、『いざ最悪の方へ』作:サミュエル・ベケット 翻訳:長島確 演出:額田大志。

 

・向坂達矢

1983年焼津生まれ。京都ロマンポップという劇団の代表、脚本、演出、俳優をしていた。2015年の同劇団10周年を期に解散し始める。2019年の解散公演をもって解散する。現在も時々演劇している。

詳細

開始:
08/11・18:00
終了:
08/12・22:30

UrBANGUILDは、イベント終了後、25:00までノーチャージのBAR営業をしています。
◇忘れ物をする方が増えています、忘れ物の保管は6ヶ月になりますのでご了承
下さい注)イベントの終了時間はイベントごとで違います。

2020/05 から前のEVENTはこちら
2016/04
から前のEVENTはこちら