◇ドリンク代別途表記(+ 1drink)のイベントに関しまして受付にて600円を頂戴致します。
◇終了時間は予定時間となってますご了承下さい。
*人数が多数の場合は入店をお断りする事もございます。
・月表示すると月全体としてみやすいです。

御予約は前売り料金のあるもの、詳細ページに「予約する-reservation-」のアイコンのある日に限ります(予約ページ)

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

5/10 (tue) 3CASTS vol.28

05/10・18:3022:00

小菅紘史×中川裕貴
野村眞人(レトロニム)
米川 幸リオン

照明:今村達紀

主催:UrBANGUILD

3人/組の俳優が登場、それぞれパフォーマンスを披露します。
“Cast”には、配役することだけではなく、さまざまな意味があります。
たとえば、投げること、脱ぎ捨てること、影を落とすこと、票を入れること、
まなざしを向けること、魔法をかけること……そして、さいころの一振り。

さて、どんな目が出るか。ぜひ目撃を。

◇ OPEN 18:30 / START 19:30 
◇ adv.2000 yen + 1drink  door. 2400 yen + 1drink
◇ actor or actress. 1600 yen + 1drink

※開演の20分前(状況により前倒しになる可能性あり)にはフードのオーダーをストップさせていただきますので、
開演前にお食事をご注文されるお客さまはお早めのご来場をおすすめいたします。
※来場時のマスク着用、手指消毒、受付での検温等、ご協力をお願いいたします。

『拝景、鳥類さん』
出演|小菅紘史(第七劇場)
音楽・演奏|中川裕貴
引用テキスト|小笠原鳥類詩集 (現代詩文庫)

小菅紘史×中川裕貴
舞台俳優の小菅紘史と、音楽家の中川裕貴によるユニット。
2018年頃に出会い、小菅のトレーニング時のBGMを中川が依頼されて作ることから交流が始まる。
2020年には小菅のレパートリーであった中島敦「山月記」に中川が参加し本格的な活動が始まる。
以降、二人による「山月記」は豊岡演劇祭2020やUrBANGUILDで公演を行う。

ユニットとして、身体を伴った発話/発音の重なり(折返し)から生まれる「情景」と
現実にある「環境」とのつながりや拡がりを舞台表現の形式をベースに模索している。

今回は詩人・小笠原鳥類のいくつかの詩の朗読をベースに、
その詩がもつ「環境の、文法の、脱臼」の詩世界の中でいくつかのことを試みる。

中川裕貴 WEB:https://www.yukinakagawa.info/

 


photo by shimizu kana

野村眞人
演出家。演劇は、傍流へのズレを引き起こす引用可能な制度だと考えている。
ひと・空間・言葉の「現在の関係」に演劇を引用することで、
現実的な状況を捉え直し、アクチュアルなフィクションの場へと再構成する。
主な作品に『ルーム・ダビング』(2020)、『わたしが観客であるとき』(2020)など、
ひとの精神のありようや振る舞い、経験をモチーフとした作品を劇場内外で制作・発表している。
近年では精神医療の現場と演劇をめぐるリサーチや、自身のルーツでもある青森県津軽地方での
墓に関するフィールドワークを行っており、医学的・民俗学的な関心を高めている。
こまばアゴラ演出家コンクール 2018最終上演審査選出、
利賀演劇人コンクール2018観客賞、優秀演出家賞受賞。
村川拓也演出作品や庭劇団ペニノなどに参加し、国内外での出演経験多数。

『限界ニュータウン』
作/演出|米川 幸リオン、滝 梓、難波 弘二
出演|米川 幸リオン


米川 幸リオン

1993年、三重県生まれ。
京都造形芸術大学映画学科俳優コースと映画美学校アクターズコースを卒業。
2017年にチェルフィッチュ『三月の5日間』リクリエーションに出演で参加し、
2019年にチェルフィッチュ×金氏徹平『消しゴム山』/『消しゴム森』にも出演で参加、
2022年には穂の国とよはし芸術劇場PLAT 市民と創造する演劇『階層』(作・演出:岡田利規)に出演と演出補で参加。
そのほかの出演に小森はるか+瀬尾夏美『二重のまち / 交代地のうたを編む』、
ミヤギフトシ『感光』など。また、映画製作チーム・伯楽-hakuraku-のメンバーとして活動している。

詳細

日付:
05/10
時間:
18:30 〜22:00

UrBANGUILDは、イベント終了後、25:00までノーチャージのBAR営業をしています。
◇忘れ物をする方が増えています、忘れ物の保管は6ヶ月になりますのでご了承
下さい注)イベントの終了時間はイベントごとで違います。

2020/05 から前のEVENTはこちら
2016/04
から前のEVENTはこちら