◇ドリンク代別途表記(+ 1drink)のイベントに関しまして受付にて600円を頂戴致します。
◇終了時間は予定時間となってますご了承下さい。
*人数が多数の場合は入店をお断りする事もございます。
・月表示すると月全体としてみやすいです。

御予約は前売り料金のあるもの、詳細ページに「予約する-reservation-」のアイコンのある日に限ります(予約ページ)

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

7/19 (fri) FOuR DANCERS vol.291~dance performance night~

07/19・19:0022:00

Cherish Menzo
前田英一
中尾優里
増川建太

◇ OPEN 19:00 / START 19:30
◇ adv.2300 yen + 1drink / door.2600 yen + 1drink
◇ dancer. 1700yen + 1drink

©Mélanie_Musisi
Cherish Menzo (°1988, The Netherlands) is a performing artist and choreographer based in
Amsterdam and Brussels. For her artistic work, she is interested in the transformation of the body on stage and in the “embodiment” of different physical images. Implementing distortion, decay, and dissonance, Cherish attempts to detach bodies from forced perceptions and their daily corporeal realities, underlining the complexity and contradictory nature of images that seem recognizable at first glance. Glitching the ‘’common’’ lexical, she seeks the Uncanny, the Enigmatic, and the Monstrous to give shape to – and materialize speculative forms and fictions.
Cherish graduated in 2013 from The Urban Contemporary program (JMD) of the Hogeschool voor de Kunsten in Amsterdam and since danced in productions by choreographers such as Eszter Salamon, Akram Khan, Leo Lerus, Hanzel Nezza, Benjamin Kahn, Olivier Dubois, Ula Sickle, Lisbeth Gruwez, Jan Martens, and Nicole Beutler. Besides performing in other choreographers’ productions, she has been creating her own work for the last seven years: EFES (2016 – together with Nicole Geertruida), LIVE (2018 – with Müşfik Can Müftüoğlu), JEZEBEL (2019), DARKMATTER (2022). She received the Amsterdam FRINGE and FRINGE International Bursary Awards 2019 with JEZEBEL. JEZEBEL was selected in 2020 for both the Dutch and Flemish Theaterfestival, which presented a jury selection of the best performances of the season and received the prestigious Charlotte Köhler award by the Prins Bernhard Foundation (Amsterdam) in 2022. DARKMATTER was selected for both the Belgian Theater Festival and its Dutch counterpart.
With DARKMATTER, Cherish received the BNG Bank Theater Prize (2023) and the VSCD prize for best direction (2023) with DARKMATTER.
Cherish's work is structurally supported and produced by GRIP.

 


前田英一 HIDEKAZU MAEDA

1997年より身体表現を始め、パフォーミングアートグループ:ダムタイプの作品「OR」、 「memorandum」、「voyage」に出演、国内外のツアーに参加する。 メディアアーティスト:高谷史郎「明るい部屋 La Chambre Claire」に出演、 光のアーティスト:高橋匡太作品では、「いつかみる夢~京都美術ビエンナーレ特別企画展」 (京都府京都文化博物館)、「スマートイルミネーション横浜2015」、「Red Room#1-4」(ヨ コハマ創造都市センター)などに出演・映像参加している。 ゴーダ企画、「Every day is a new beginning 」(ロームシアター京都ノースホール) の演出をし、出演する。

 


中尾優里
2001年生まれ
地元愛媛で8歳からダンススタジオに通い始め、コンテンポラリーダンスに出会う。また中高の創作ダンス部でも活動する。2022年「ダンススタディーズ1」への参加をきっかけに京都で踊り始める。

 


増川建太

東京都出身。早稲田大学教育学部卒業。
大学在学中に舞踏と出会い、以後舞踏の身体感をベースに活動を行う。
2年ほど前より拠点を京都に移して活動。

振付や演出以前の、身体そのものにフォーカスしつつ、新しい身体の状態を作ることに興味がある。

最近は舞踏的な深部まで集中した身体と、一見かみ合わない現代の雑多とした身体、仕草、言葉を、しつらえた状態に興味がある。
(撮影:Misa Shinshi)

詳細

日付:
07/19
時間:
19:00 〜22:00

UrBANGUILDは、イベント終了後、25:00までノーチャージのBAR営業をしています。
◇忘れ物をする方が増えています、忘れ物の保管は6ヶ月になりますのでご了承
下さい注)イベントの終了時間はイベントごとで違います。

2020/05 から前のEVENTはこちら
2016/04
から前のEVENTはこちら