◇ドリンク代別途表記(+ 1drink)のイベントに関しまして受付にて600円を頂戴致します。
◇終了時間は予定時間となってますご了承下さい。
*人数が多数の場合は入店をお断りする事もございます。
・月表示すると月全体としてみやすいです。

御予約は前売り料金のあるもの、詳細ページに「予約する-reservation-」のアイコンのある日に限ります(予約ページ)

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

10/28 (fri) THANKS GIVING presents 児玉真吏奈「Like a Wolf」Release Tour in Kyoto

10/28・18:3021:30


児玉真吏奈

Special Guest 石橋英子

主催:THANKS GIVING

◇ OPEN 18:30 / START 19:00
◇ adv.3000yen+1drink / door.3500yen+1drink


児玉真吏奈
児玉真吏奈 / Marina Kodama 大阪生まれのシンガーソングライター/トラックメイカー。幼い頃からピアノを習い、5歳で愛犬に向けて散歩の合図の歌を作ったのが初めての作詞作曲。20歳頃から宅録を開始。シド・バレットやファナ・モリーナを愛聴し、クラシックからブリティッシュ・トラッド、民族音楽まで多様な音楽を吸収。ネットで発表した楽曲が七尾旅人の目に留まり、その後押しにより2016年より京都UrBANGUILDや難波べアーズにてライブ活動を開始。声とエレクトロニクスを軸とした即興演奏を行う。 2017年にP-VINEより1stアルバム『つめたい煙』をリリース。シンセサイザーを使った弾き語りやエクスペリメンタルな曲など、その振れ幅のある音楽性が絶賛された。同年に吉岡哲志、浜田淳とエレクトロニック・ユニットSawa Angstromを結成。ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなど短期間に海外ツアーを企画し、数多くの作品をリリース。 ソロとしては、これまでに山本精一、遠藤ミチロウ、PIKA(あふりらんぽ)、テニスコーツ、おおはた雄一らと共演。ギャラリーでのインスタレーション、展覧会、廃バスターミナル、DOMMUNEや全感覚祭にも出演するなど、その現場は多岐に渡る。 約4年ぶりの新曲「羽化」を皮切りに2022年5月に待望の2ndアルバム『Like a Wolf』をTHANKS GIVINGよりリリース。ゲストミュージシャンとして内橋和久、カナミネケイタロウ、Happy Axeが参加し、山本精一がコメントを寄せている。 ———

Marina Kodama She is a singer-songwriter/trackmaker born in Osaka. She learned to play the piano as a childhood and she was five years old she wrote a song about starting to walk her dog. It was her first composition. She started recording at home when she was around 20 years old. She loved listening to Syd Barrett and Juana Molina, and absorbed a diverse range of music from classical music, British trad, and ethnic music. And her song on the internet caught the attention of Tavito Nanao, who encouraged her to start performing at Kyoto UrBANGUILD and Osaka Namba Bears in 2016. She began performing improvised music with her voice and electronics as the core. She released her first album “Tsumetai Kemuri” from P-VINE in 2017. This album was praised for its wide range of musicality, including narratives using synthesizers and experimental songs. In the same year, she formed the electronic music unit Sawa Angstrom with Satoshi Yoshioka and Jun Hamada, and organized overseas tours in Europe, Asia, and Australia. They released many works. As a solo artist, she has performed with Seiichi Yamamoto, Michiro Endo, PIKA (AFRIRAMPO), Tenniscoats, Yuichi Ohata and others. Her venues have included gallery installations, exhibitions, abandoned bus terminals, and appearances at DOMMUNE and Zenkankakusai. She released her long-awaited second album “Like a Wolf” on THANKS GIVING in May 2022, starting with her first new song “Uka” in four years. It features guest musicians Kazuhisa Uchihashi, Keitaro Kanamine, and Happy Axe, with Seiichi Yamamoto writing recommendation comments.


石橋英子/EIKO ISHIBASHI
石橋英子は日本を拠点に活動する音楽家。ピアノ、シンセ、フルート、マリンバ、ドラムなどの楽器を演奏する。Drag City、Black Truffle、Editions Mego、felicityなどからアルバムをリリース。2018年にアルバム『The Dream My Bones Dream』 を発表。英音楽誌WIREの表紙を飾る他、各雑誌のベストアルバムに選出された。2019年、アニメ『無限の住人-IMMORTAL -」の音楽を担当。サウンドトラックが2020年に発売される。2019年5月にフランス国立電子音楽研究所Ina-GRMなどの招聘を受けヨーロッパ7カ国を巡るツアーを行い、6月にタスマニアのフェスDARK MOFOにJoe Taliaと共に出演、11月にバンド(山本達久、Joe Talia)を率いてオランダ、ユトレヒトのフェスLe Guess Who?とベルギー、コルトレイクのフェスSonic Cityに出演した。2020年1月、シドニーの美術館Art Gallery of New South Walesでの展覧会「Japan Supernatural」の展示の為の音楽を制作、シドニーフェスティバル期間中に美術館にて発表された。2021年、映画「ドライブ・マイ・カー」の音楽を担当。サウンドトラックが発売される。2022年「For McCoy」をBlack Truffleからリリース。

 

詳細

日付:
10/28
時間:
18:30 〜21:30

UrBANGUILDは、イベント終了後、25:00までノーチャージのBAR営業をしています。
◇忘れ物をする方が増えています、忘れ物の保管は6ヶ月になりますのでご了承
下さい注)イベントの終了時間はイベントごとで違います。

2020/05 から前のEVENTはこちら
2016/04
から前のEVENTはこちら